浅草の雷門の旅行関連情報について

東京の旅行関連の有名な観光名所でもある浅草に来られた場合、必ず訪れる場所と言えば雷門です。

特に雷門と書かれた大きな提灯を背景に写真を撮られる観光客も多く、仲見世通りはもちろん、入り口もかなりの人で賑わっています。そんな雷門の旅行関連情報として、歴史や背景などを知っておくと、一味違った目線で見ることが出来ます。まず正式名称ですが、風神雷神門と言います。正面向かって右側に風神の像、左側に雷神の像があり、風神雷神門と呼ばれていました。

観光客の多くは、大きな提灯に目を奪われて、左右にある像を見逃すこともあると思いますが、実は2体の像がしっかり守っていることも忘れないで下さい。また裏側にも金龍像と天龍像があるので、是非ご覧になって頂きたいと思います。雷門にかかる大きな提灯は、浅草のシンボル的存在でもあります。この提灯は約10年ごとに新調されているのですが、京都の丹波地方でとれた竹や、福井県産のコウゾという植物を原料とした和紙で作られた、純日本製の提灯です。

見た目も鮮やかで立派な物ではありますが、実は提灯の底には龍の彫刻が施されています。浅草寺の起源は、昔隅田川で漁師をしていた兄弟が、網にかかった仏像を自宅で供養したことが始まりとされていますが、仏像が網にかかった時、龍神が輝きながら現れたとも言われており、このような理由から、浅草寺を守る神として龍が彫られています。また、龍は雨を降らす力があると考えられており、この辺りは木造建築が多く、火事に弱かったのですが、雨を降らせて火事から救ってくれる龍は神様として崇拝されていたため、龍の彫刻が施されることになりました。このように雷門といっても、歴史はもちろん様々な背景があります。旅行関連情報として、少しでも知識を取り入れておくと、より奥深い、意味のある浅草観光が出来ると言えるのでおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *