旅行関連雑誌で人気の浅草・雷門の夜の魅力

東京への旅行関連の雑誌などで必ず特集が組まれているのが、浅草・雷門周辺です。

これは日本の旅行関連雑誌だけではなく、外国人を対象とした旅行関連雑誌も同様であることから、浅草・雷門周辺には多くの外国人旅行者の姿もあります。いつ行っても、混んでいるというイメージがありますが、夜は観光客の数も少なくゆっくりと見て回る事が出来るためおすすめです。夜の浅草・雷門周辺は昼間の喧騒が嘘のように静かな時間が流れています。

仲見世通りのお店はほとんどがシャッターをおろしていますが、そのシャッターには浅草絵巻が描かれており、普段とは違う雰囲気を楽しむ事が出来ます。さらに夜には浅草寺境内の本堂・五重塔・宝蔵門のライトアップが行われています。夜の暗闇にぼんやりと浮かぶその姿はまるで現代では無いような錯覚すら覚えます。ライトアップされるのは寺だけではありません。各門にある仁王像などの仏像もされていますので、表情を実家理を確認することが出来ます。

ライトアップが行われる時間は日没から午後11時までです。また、近くの観光地でもあるスカイツリーも午前12時までライトアップされているので、夜の時間帯を楽しんでみてはいかがでしょうか。観光というと、昼間に行うという人も少なくはありません。昼間は様々な店が開いていますので、楽しむ事が出来るというメリットもありますが、夜には昼間とは違った姿を見せてくれるところもあります。普段の姿に飽きた時には夜の昼間とは異なる姿を楽しんでみることをおすすめします。
浅草の雷門のホテルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *