東京の浅草で朝食が自慢のホテル

2020年にオリンピックが開催されることもあり現在、外国の方が古き良き日本の良さを求めて訪れるようになりました。

東京の下町である浅草には日本人だけでなく多くの外国人の観光客の方の増加により個性豊かなホテルが増えています。この町では歴史ある町並みで日本最古のお寺を楽しみつつ、目線を上げるとスカイツリーを見る事ができ古きものだけでなく新しいものも混在していて独特な雰囲気をかもしだしています。下町のソウルフードを堪能したらマニアックな道具探しにかっぱ橋道具街に足を運ぶなど、1日では見る事ができないほど魅力が凝縮された町なので、せっかく東京の浅草の町に訪れたなら素敵なホテルに宿泊しながらゆっくりと観光して美味しいものを食べて欲しいものです。

東京で宿泊するならホテル法華クラブ浅草がおすすめです。浅草駅から徒歩3分であり観光地へのアクセスも抜群に良いので、ホテルに荷物を預けたら身軽になって東京観光をする事ができます。こちらの一番の自慢は朝食バイキングなんですが、こちらの朝食バイキングは和洋のバラエティ豊かなメニューであり飲み物やデザートも充実しているんですが、それだけでなく塩ちゃんこ鍋やもんじゃ焼きといった下町グルメや郷土の味も堪能することが出来ます。

その土地の美味しいものを全て食べたいと思ってもなかなか難しいですが、朝食バイキングでいろんな味を食べてみて美味しかったものをその日の昼食にしてみるというのもおすすめです。こちらは宿泊料金がリーズナブルでありながらコインランドリーや電子レンジも完備しているので長く宿泊したいと思っている方にはとても便利です。ぜひ東京の観光の拠点としてホテル法華クラブ浅草を検討する事をおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *