観光客にとっての雷門のホテルの魅力とは

東京で一番の高さを誇る観光名所として、地上634メートルのタワーができたことで、さらに観光客が増えた東京の下町。

そんな下町にある昔からの観光地が浅草です。歴史ある昔ながらの風景を見ることができる浅草は、下町のシンボル・雷門の周辺にホテルが沢山あり、旅行客に人気があります。東京駅から電車で8分、上野からも15分で到着する浅草は、それぞれのターミナル駅からもアクセスが良いのが特徴です。

雷門のホテルはそんな浅草駅からも近いため、あまり迷うことなく行くことができ、東京に不慣れな人や初めて来た人に喜ばれています。中には空港からリムジンバスで直接行ける宿泊施設もあり、さらに便利に利用することができると評判です。観光客にとってアクセスしやすいのが雷門のホテルの良いところですが、観光に便利なのも旅行者に嬉しい魅力です。

浅草には東京で一番古い、創建から約1400年近く経つ寺院があり、三社祭で知られる神社もあります。寺院の近くには左右に沢山のお店が連なる長い参道があり、本堂へ向かいがてら食べ歩きを楽しむ人も少なくありません。

また雷門のホテルは、ノスタルジックな雰囲気のある時代を感じる遊園地も近くにあるほか、比較的新しくできた日本の伝統工芸やグルメがたくさんある商業施設などにも、すぐに行くことができる距離にあります。宿泊地の近くに観光名所が多く集まっているのが、観光客にとっての雷門のホテルの魅力でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *