雷門のホテルの特徴とメリット

下町観光の目玉といえば浅草を挙げる人も多く、浅草のシンボルとしても知られる雷門の近くにはホテルも沢山あります。

周囲にいくつもの観光名所があり、交通アクセスも良いことから、雷門のホテルは多くの観光客に利用されています。このエリアの宿泊施設には色々な種類のものがあり、料金も1泊3千円台のものから3万円を超えるものまで様々です。できるだけ費用を抑えて宿泊したい人であっても、予算に合う宿泊施設を見つけることができるでしょう。

雷門のホテルは、3つの路線が利用できる浅草駅や、地下鉄の田原町駅から近い場所にあります。駅から徒歩数分でたどり着けるものが多いので便利です。そんな雷門のホテルは、観光スポットへもすぐに行くことができるというメリットがあります。東京で一番古い歴史がある有名寺院や三社祭で知られる神社を訪れたり、お寺のすぐ近くにある昭和のような雰囲気が漂う遊園地があるほか、街のいたるところで古き良き東京の趣きが感じられるのが魅力です。

雷門のホテルは、浅草駅のすぐ横を流れる隅田川にも近く、春は川沿いに植えられている桜並木を眺めたり、夏には有名な花火大会もおこなわれ、夜空に広がる花火を鑑賞することもできます。隅田川沿いには日本一の高さ634メートルの電波塔を望むことも可能です。なかには客室からこの電波塔を眺めることができるところもあり、特に夜景が美しいと評判です。このような様々な楽しみができるのがこのエリアで宿泊するメリットといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *